kijima ワンタッチレール装着


リヤのサイドウインド上部にレールをつけてみました。
DXはトリム無しのむき出しでS-GLのようなガイドホールはないので、位置を決めてボディに直接穴を開けていきます。


まずは養生
CピラーとDピラーとの重ね部分は避けてマークしていきます。


試しに1カ所穴を開けてナッターでナットベースを打ち込んでみました。
(M5用のアルミナットベース・下穴は7.1mm)


オッケーっぽいので、連続で穴を開けます。
片側4つずつ計8ポイント。
レール本体の取り付け穴は7カ所ですが、引き抜き強度等から考えても全部に打つ必要はなさそうです。
っていうか、ステップドリル持っていないので下穴開けるのが地味に面倒くさい。
8カ所でもかなり集中力削られました(笑)


ベースナットを打ち込んでから、


レール本体を一旦仮止めします。


フックアタッチメントを装着
タイダウンかけて車両を固定しても大丈夫みたいなので強度的には十分でしょう。


とりあえずレーシングスーツを吊してみました。
アタッチメント自体は1個1000〜1500円辺りを推移していて、決して安くはないのですが初代の「ステンパイプの手摺り的なやつをつけました」型のように荷物が偏ったりすることはなさそうです。
とりあえず10個ぐらい買っとけばオッケーかな?

<おまけ>
DIY的なパイプだとブラケットの高さ分飛び出る感じになって吊した荷物が振り子的にサイドウインドウにガンガン当たりまくっていました。
このレールにすると、レーシングスーツがいい感じでサイドウインドウのアンダーカット部に吊される感じになります。
アタッチメントからの垂直線(重力線)よりウインドウ側にブル下がっている感じになるので、走行中も荷物の浮き上がり抑えられてる気がする(現状は未検証ですwww)

投稿カテゴリ トランポ関連 | コメントを残す

Carrozzeria DMH-SZ700 本止め

ヘッドユニットおよびツイーター・ミッド(純正)・サブウーファーの動作も大丈夫な感じなので、各種オーディオユニットを本止めしていきたいと思います。(仮止めと本止め←大事)


ディスプレイオーディオは奥行きが短いので取り付けのスペースはかなり余裕がありますが、慣習的に使わないラインのターミナルを外します。


後部座席にモニタはつけないから要らない


リヤカメラもバックモニター付きデジタルインナーミラーなので要らない


バック信号の検出も不要


パーキングはアースに落とすのでかなり短くカット

撮り忘れましたが、本体内臓アンプも使用しないので、スピーカーラインも全部外しました。
必要な配線のみが残るので作業や管理がかなり快適になります。
電工ニッパーで要らないラインを根元からカットしちゃえば同じなんですが、一応可逆的な感じで作業を進めます。
ま、どっちにしても外した配線は即捨てるんですが・・・


ハイエースの場合、ユニット取り付けのフレームに共締めするとアースとして疎通するので、もうアースはココで良いかな?(笑)
一応、端子台まで延ばしてアースも集中させるのを今後の予定として入れておく感じにはしておきたいと思います。

後は、アンプのゲイン調整ぐらいですかね。
ツイーターを目視直線上に装着すると、ホワイトノイズが地味に気になります。
ハイボルテージプリアウト5V的な製品なので、規定値よりゲインを落としても支障は出ないはず。
通電無音状態でボリュームを最大にしてから運転席・助手席に着座した時にホワイトノイズが聞こえないところまでゲインを絞りました。
ノイズは嫌だけどやり過ぎると音にパンチが無くなるので、乗りながら適宜微調整していきたいと思います。

 

投稿カテゴリ オーディオ | コメントを残す

CARROZZERIA DMH-SZ700とAmazon fire tv stick


テストドライブは大体オッケーっぽいので、再びインパネを剥がします。


HDMI端子にケーブルをつないで、


ケーブルの先にはfire tv stickを挿します。
Carplayとは別途、HDMIポートを利用した運用になります。


セットアップ中。
SZ700の解像度が低いため、文字はゲジゲジです。
Retinaディスプレイが普通な2022年においては全然綺麗ではありません
なんとか読めるかな?レベルです


Youtube動いた。


Amazon Prime Videoも動きました。

移動中はほぼYoutubeを垂れ流しています。もしくは映画。
音楽はほとんど聞かないけど、AmazonMusicもコレでイケるのでほぼ穴は無し。
ネットワークにはiPhoneのテザリングでブル下げて最高品質でもスムースにストリーミングされています。
便利だー

投稿カテゴリ オーディオ | コメントを残す

Carrozzeria DMH-SZ700 仮止め

オーディオのヘッドユニットなんざ・・・と、それなりの期間言い続けていました。
<過去ポスト>
ALPINE KTP-445UJ
carrozzeria PRS-D800
アンプ仮止め
2代目納車後でも完全に否定していますね(笑)

しかし、私はそんな事は気にせずにサクッと翻意します。
カロッツェリアのディスプレイオーディオ
DMH-SZ700
発売は2020年ですので時間軸で見れば完全なるポンコツ製品ですが、なんとコレが現行モデルでした。
古い上に低機能な日本ブランドを買うのは「アタマ悪いなー」と思い、最新大画面ハイエンドなチャイナユニットも検討したんですけどね。
(1000ドル前後の13インチ最新チップセットハイエンドモデルにしようかかなり悩んだ)


作業に入ります。
エクステリアもインテリアもお手軽に壊すまで気兼ねなく遊び倒せる昭和オジサン向けオモチャなハイエース。
インパネ周りは秒で外せます。


本体と接続コネクタ以外には・・・
①車速センサーケーブル
②アンテナケーブル
③AUX入力ケーブル
④HDMIケーブル
⑤ワイド用アダプタ
を用意


オーディオ取り付けスペースの左側奥ににアンテナカプラが格納されています。

ISOプラグ用変換プラグを装着。


車速センサ・パーキング・バックのコネクタは更にその奥。
オーディオレスのオプションを選択するとこのコネクタが配置されているらしい。
うっかりラジオつけたりするとこのハーネスは付いてこない説があります。

こちらも変換ケーブルを使用


装着完了
30分あれば余裕で完結できます。
いわゆる2DINユニットですが、光学ドライブモデルではないので奥行きは通常なオーディオユニットの半分ぐらいしかないので作業性はかなり良好です。
ハイエースに限って言えば+ドライバー1本で全て完結します(笑)
メッチャ簡単でした。
音は良いです。マジで結構凄い気がします。
私は外部アンプ2台とパワードウーファーで運用しますが、本体内のアンプでも十分鳴ります。
要らぬ配線で苦しむなら、さくっと内蔵アンプで動かすほうが良い気さえします。
そして現時点のSZ700は投げ売り的に安いという事実まで鑑みるとそのパフォーマンスは極めて高いと言い切っても良いかもしれません(笑)
*ただし、画面の解像度は低いし発色も良くない。タッチの精度や応答性も「金払ってこれかよ」レベルだし、UIに関してはあり得ないぐらいの酷い造りなのであくまで国産ブランド縛り前提で考えた場合


<コンパス・ジャイロ・GPS的な各種センサー学習中>
翻意した最大要因はApple CarPlay
ただ単にiOSの機能を制限したものを車載ユニットに映すだけかと思っていたのですが、車速や各種センサーの信号をiPhone側に送って性能補完してより精密に動く仕組みに興味が湧きました。
パイオニアがこの機能をフルに使用しているかは不明ですが・・・
(有線CarPlayの場合、規格的に必須ではない。←無線CarPlayの規格は必須)

一先ず装着の儀式が完了しました。
つづく・・・

<おまけ>

ETCもドラレコもパッと見た感じ装着しているのが解らない様にしているのですが、GPSアンテナはダッシュボード内に忍ばせると思った以上に衛星信号のロストが目立つので諦めて普通に装着しました。

<おまけ2>

この辺りのモノが消えたので、スッキリと言えばスッキリ。
しかし、ヘッドユニットの給電能力は最大3Aと記載されています。
USB5Vとすれば15Wなので、有線CarPlay使用時は人権スペックギリギリで充電器として実用性はほぼ無い。
何か事情があるのかもしれませんが、この辺りの空気を読めないところが国内ブランドはクソなんだよなー(笑)
PD運用にするには、ワイヤレスCarPlay化する感じかなー?
ちょっと様子を見ながら検討したいと思います。

<おまけ3>

<最新ファームのバージョンは3.00>
初回起動時のバージョンは1.33だったので、WiFi経由でアップデートをしました。

本体のみでは完結出来ずに、
①スマホにカロッツェリア用のアプリ(CarAVAssist)をインストール
②CarAVAssist内のファームバージョンアップメニューからダウンロード
③iPhoneとDMH-SZ700をBluetooth経由で接続

④iPhoneとDMH-SZ700をWiFi経由で接続
⑤CarAVAssist経由で転送
⑥本体内でファイル展開→書き換え
iOSアプリもインストールしたくないぐらいイケて無いのですが、
それ以上に、③・④・⑤辺りのオペレーションフローが非常に良くない。
これを普通に実装出来ちゃう時点でもう世界で戦えないのがよく解る。ダメだわー
こちらもなにか制約があるのかもしれませんが、今時本体でOTA出来ないとかあり得ないわ
もう一つの方法としてUSB経由ってのもあるんですが、そっちはそもそもあり得ない方法なので・・・(笑)

 

投稿カテゴリ オーディオ | コメントを残す

リジカラ


2代目にもリジカラを装着します。
荻窪のTYPEONE様へ・・・
(仮止め号の施工日は2017年12月22日でした)

フレームのボルト穴はいわゆるバカ穴になっていて、多少ズレていても締結出来るようになっています。
ハイエースの場合フロントのサブ−メインフレームを固定しているボルト穴8本に対してカラーを挿入していきます。

さて、自分の過去ポストを読み返してみると・・・
・剛性感
・振動低減
・ステアリング操作系
が良くなったと書いてある。

確かに、2台目は納車直後であるにも関わらず、ダルさが目立つというかピンボケ感があってファーストインプレッションは良くなかったんですよねー

施工後ですが、

やっぱり段差等の乗り越え時の車体の動きは今回も明らかに「違う」と体感できました。
走行中の荷重移動させたときの動きも良いです。

振動に関しては特に無し。
エンジン音はむしろ五月蠅くなった気がします(笑)
装着前の室内音レベル記録してあるので、同一区間走行時の平均ノイズレベルを比べて見ようと思います。

ステアリングを中心とした操作系も前回同様に「違う」と認識できました。

モノコックボディ剛性確保の手法としては古典的なサブ−メインフレーム間のカラー挿入ですが、やはりかなり効きます。

パーツ自体はタダみたいなモノですので、LSDと同様にショック変えたり、バネ変えたり、ブッシュ変えたり、スタビを付けたり、強化メンバー付けたりする前に装着してみるのが良い気がします。

<過去ポスト>

リジカラ

リジカラ装着

リジカラ装着後 その1

リジカラ装着後 その2

投稿カテゴリ パーツ&グッズ | コメントを残す