カテゴリ パーツ&グッズ

OS技研 スーパーロック ネオ その6


<全然普通に動いている綺麗な10系を発見www←かわいい>
日本だと維持が大変そうだけどこっちなら乗れるかもー(笑)

年末年始なのでダラダラとロングポストをしてみます。

尊敬するハイエース乗りの48rider様がポストされている記事が凄いです。
=========================================

ハイエース2WD+チェーン(スタッドレス)でスキー場に行けますか?にお答えします
ハイエースの2WDはなぜ滑る?雨や雪道でグリップが弱い理由を物理で解説してみる

=========================================
雪道走行に関する話題なのですが、物理的な車両動態をとてもわかりやすく解説してくれています。ハイエース欲しい人必読です。

雪道に限らず、2WD(FR)のレジアスエース(ハイエース)は走りません。

理由は大きく2つ。
①(後輪駆動にも関わらず、)キャブオーバー型のためエンジン等の重量物が前軸上に集中している。
②荷室(リヤ)の重積載に対応するため、リジットアクスルに高レートのリーフスプリングが装着されている。
どちらも駆動輪であるリヤタイヤへ荷重が懸からない(懸けられない)要素として作用します。

当たり前の話ですが・・・
本来の使用用途である貨物(や9人乗り等)として500kg~1000kgの積載をした状態で前後軸重のバランスが適正化されるような設計になっています。
ですので、
ゴト車やドカ車として市街地~準郊外エリア内でアーバンフリートとして使用する時には問題にならないのですが、

車中泊キャンパーやトランポ等、軽積載で高速道路を巡航をしたり、ワインティングや悪路走破をしようとすると前後軸重バランスの悪さによるリヤトラクション不足(フロントトラクション過剰)が露呈します。

交差点等で少しラフにアクセル踏めば簡単にインリフトしてタイヤが空転してしまいます。
ちょっとした勾配でも濡れていたり砂利だったりするとあっけなくホイールスピン。上れません。
乗用ミニバンの真似してキャンプ場に入って行くと自分だけ余裕でスタック。
え!ここで?っていうのもあって、
ETCゲートで減速してからの再加速。パカッとアクセル踏み直すとホイールスピン。ラインロックかよ(笑)

雪道走行、ましてやスキー場があるような勾配路なんて論外も論外(笑)
誤解を恐れずに言うなら、行こうと思う事自体が罪的な・・・wwww

<と、言いながらも・・・北軽井沢のスキー場まで行った時の画像です>
併せて相加的?相乗的?に走行性能をスポイルしているのがノーマルのオープンデフ。
本来は小回りや直進安定性の向上を図ってくれるデフギヤですが、タイヤが左右均等的に接地している事が条件。
片輪の荷重が抜けてしまう(浮いてしまう)と抜けた(浮いた)側が空転してしまい、駆動力は路面に伝達されなくなります。
前述したように軽積載のレジアスエース(ハイエース)はリヤタイヤの荷重が非常に抜けやすいので、(気がつかなくても)頻繁にトラクションロスしています。
幹線道路や高速の巡航でフラフラしてしまうのもそのせい。

まー面白いくらい走らない(笑)


<ブリザックVL1←LT規格のスタッドレスです>
「リヤに荷重が懸からない+オープンデフ」は大きなボトムネック。
舗装路はまだしも簡単にスリップ現象が出る雪道や凍結路では車は全く前に進まない。
スタッドレスを履こうがチェーンを巻こうが走行性能向上にほとんど寄与してくれない。

貨物車の目的外使用が原因ではあるんだけど、イケてない。

ハイエースを買ってみての率直な意見としては・・・
趣味車として軽積載でレジアスエース(ハイエース)を常用する時は、4WDを選択した方が良いと思います。
私自身も次に乗り換えるときは4WDを選択する可能性が高いです。
(実用4WD剥き出しな乗り味はイマイチですけどねwww)

=========================================

さて、LSDの話です。
致命的とも言える軽積歳時のトラクション不足をリミテッドスリップデフ(LSD)へ換装することで補填する事が出来ます。

<OSスーパーロック ネオ for ハイエース>
オープンデフと異なり、LSDは片輪の荷重が抜けるとディファレンシャル機構がロックされます。浮いたタイヤの空転現象は抑えられ、接地しているタイヤに駆動力を伝える事が出来ます。
車は失速せずに前に進みます。

オープンデフでは滑ったら「アクセルを戻す」しか選択肢が無かったのに対して、LSDを装着することで「アクセルを踏んで」車体をコントロール出来る様になります。
軽積載で後軸荷重が乏しい状態でもアクセル操作で車体を押しつけて荷重を稼ぐ事が出来るのでドライバビリティが上がります。
コストやメインテナンス、耐久性なんかの事を考えるとビジネスカーに純正装着されるようなデバイスではありませんが、リジットアクスルのハイエースでは効果覿面。走破力や直進安定性は誰でも体感出来るぐらい格段に向上します。

私が装着しているのはOS技研社製のトルクセンシティブ2WAYタイプ
(アクセルオフやバックギヤでも差動すればロックされる)
さらに通常よりも速いタイミングでロックするカムに組み直して貰っています。
<関連ポスト>
OS技研 スーパーロック ネオ その5
OS技研 スーパーロック ネオ その4
OS技研 スーパーロック ネオ その3
OS技研 スーパーロック ネオ その2
OS技研 スーパーロック ネオ その1
他社製品で1wayや1.5wayタイプもありますが、FR・・・特に軽積載ハイエースにとってアクセルオフでデフロックが解除される事にメリットはありません。(むしろ荷重が抜けてしまうきっかけになってしまうかもしれません)
また、荷室の低床を確保するためかデフケースがかなり小さい。
サイズで合わせて汎用装着させているメーカーの製品だとキャパシティ不足でデフブローの原因になりそうな気がするので、経験則的にはおすすめしません。
ハイエースでもキャラバンでもOS技研一択かなと・・・(笑)

走行性能を格段に良くしてくれるLSDですがデメリットも・・・
①価格
高いか安いかは見方によりますが、安くはありません。
私は最初から組み込むつもりだったので予定していましたが、工賃まで含めると20万円を超えます。
LSDとしては極々普通のコストですが、20万円という数字はでかい。
ナビとかホイールが欲しい人であれば悩んじゃいますよねー

②専用オイルが必要
オープンデフだとデフオイルなんて極論「入っていればよい」ので、交換不要な勢いwww
LSDの場合は専用オイル使用して、定期的に交換する必要があります。
ちょっと高いのと、やってくれるところを見つけないといけない
手間とコストがかかるって事ですよね。

③チャタリングが出る
デフをロックしているプレートがズレると「バキッバキッ」と音とともに振動が発生します。結構な大きさと強さなので不快な現象と捉えることも出来ます。
交差点等を普通に曲がるだけでも頻繁に出ますので、慣れる?までは気になる。
私の場合は所有車のほぼすべてに機械式LSDが装着されているのでむしろチャタリングが無いと気になりますけど(笑)

④曲がらない・小回りが効かなくなる
これも慣れてしまえば?・・・という部分なのかとはおもいますが、最大のデメリット。
本来デフギヤは生じた内外輪差を吸収してスムーズにコンパクトに「曲がる」ためのもの
この機能を無くして左右に駆動力を伝えてしまうのがLSD、Uターンしたりする際に小回りが効かなくなります。
走行時にも差動トルクが加わるとデフがロックされるので曲がりにくくなります。
「あ、カーブだー」

(アクセルを抜いて減速)

(コーナーに合わせてハンドル操作を入れる)

「うぉー曲がんねー!!」
って感じで、いわゆるプッシュアンダー的にハンドルを切っても曲がらない現象がでます。
本来は、デフギヤが駆動力を分配し、外輪を多く、内輪を少なく回すので右にハンドルを切れば左後輪がたくさん回って車体は右に向きやすくなります。
LSDはデフ構造をロックするので駆動力分配はされず、内輪も外輪も同じ回数回ります。(=直進する)
ハンドル操作をするとフロントタイヤは曲がろうしますが、リアタイヤは直進しようとするので曲がらなくなります。
コーナー進入時にフロント荷重を懸けて積極的に向きを変えてあげる操作が必要になります。
運転に興味の無い人や下手っぴな人は乗りにくさが目立つようになってしまいます。

こういう物だと解って装着しないとイマイチですかね。

ちなみに、Ⅳ型後期からはバンでもVSCとEBDが装着できるようになりました。
Ⅳ型後期
<実はネタ車の仕込みはした感じのDX・TSSP・VSC・EBD仕様>
(自分が買う前に試せるwwww?)
ので、
2WDもこれからは結構それなりに走れる様な気はしています。
後軸にある程度荷重してあげればLSD無しでも大丈夫かもしれません。

自分で乗るのであれば、
VSC・EBD付きにして機械式LSDを組みますwww
(4WDを選択しない場合は・・・)
踏んでも離してもトラクションロスが抑えられる的な・・・

ちょっと飽きてきたので、尻切れトンボですが一旦ポストします(笑)

<おまけ>40551909315_78ed344e35_o
<LSDを組むときはぜひチャレンジレーシング様で!!>
で、あくまで参考的な話ですが、
LSD+後軸上に約200kg積載の状態で某スキー場までのクネクネ道をアプローチした感じだと・・・(圧雪に新雪が被った状態)
しっかり前に進みます。普通に登る。3速でも4速でもベタッと踏んだだけのトラクション感はあります。オープンデフと違って失速しませんので高低差のあるヘヤピン的に回り込みカーブでもちゃんと走ります。
一定に踏み続けながら、ステアリングで走る感じですかね。
キャブオーバーのせいか角度がついてもわかりにくい。調子に乗っているとクルッと回ります(笑)
モーションはゆっくりなのでゼロカウンター+αぐらいまでなら楽しく乗れます。

一方、勾配路での一旦停止からの再スタートは微妙。サイドブレーキを併用して厳かに発進するも最初の1転がりは結構怖い。
溶け始めの凍結路だったり、路肩や側溝的な方向に傾斜になっていたりすると、進めずにそのまま落ちるかもしれません。
よくありがちなスキー場の導入路なんかをダラダラ登るパターンは危険な予感がします。
この点だけでもスキー車としては使いにくいですかね。

下りはローギヤでエンブレ効かせながらユルッと降りてくる分には怖くない。
前軸が重いので舵もしっかり効くし、制動感もしっかりしています。
でも、スピードを上げていくとお尻の軽さと頭の重さがもろに出て走りにくい。
特にお尻が軽いですwww
キャスター角を利用してサイプを効かせようとステアリングを入れて斜行気味に減速したりするとこちらもモーションはゆっくりですが、スコッと後ろから抜ける。危ないよ-(笑)
ま、下りは安全運転あるのみですかね。

それから耐スタック性。
スキー場の駐車場に止めて一晩降った的シチュエーションでは大丈夫そうです。
LSDちゃんと効いてます。簡易除雪で脱出できるでしょう。

スキー場までの道のりもラリーのSS区間的?と思える人は面白いかもしれません。
単に移動手段として考えるのであれば、たどり着けないもしくは帰り着かないかもと考えておかないといけません。

やっぱ4WDが間違いない(笑)

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ DXな日々, パーツ&グッズ | コメントを残す

DMD HE200-3E-3

レジアスエース(ハイエース)は純然たるビジネスカー。
先日も全く同じキイロでDXのゴト車が出入り先に登場して来客用スペースに駐車してました。
しかし!!
「ちゃんと自分のところに停めてください!!」
呼び出されて怒られた(笑)
俺のDXじゃねーし・・・・

この辺りを鑑みても「遊びで使ってますよー」感が欲しい。
だからと言ってエアロ張ったり、3.5インチ落として20インチみたいな方向はキャラじゃ無い。
キャンプは絶対にしませんが、アウトドア風な方向に弄っていくのが無難そう(笑)
(具体的には何がアウトドアなのかはよくわかりませんが・・・)

手始めに購入前から予定に入れていたヒッチメンバーとキャリアをファッションアイテムとして装着してみようかなー。

と思っていたところ・・・

45516664951_ea34d82a83_o
<面白すぎてみんなが撮影。どうしても笑ってしまう←スミマセン>
先日のVespaGPスペシャルステージでOZKさんがこの状態で登場。
いわゆるヒッチメンバー部分に差し込む1本タイプのキャリアですが・・・
マジなのか?、ネタなのか?その判別はきわめて困難。
めっちゃ捻れてる。
擦るでしょwwww(と思ったら、「擦らないよ」とOZKさん。←さすが)
結構早いタイミングでどこかが折れたり千切れたりする気がしますけどねwwww
私の場合はこのキャリアにスモールを積もうと思っているわけではないのですが・・・・
これを見てしまうと、1本挿しはあり得ない(笑)

30573921957_8ac5d40ab0_o
<スミマセン 画像拝借いたします。>
海外ブランドも含めていろいろ調べましたが、ここが最高。
株式会社DMD社製のヒッチ+キャリアメンバー(3本出し)
キャリアベースのアームが2本挿しなので、構造的に強い。
垂直荷重的な最大積載量は 200kgとなっていますので、100kgに満たないスモールは十分に乗せられるって事になる。

使い道はよくわからないけどベッドキットなんかも付けてみたい気もするので、そういう意味では外に車両を乗せられる方法があるのも悪くは無いかー

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トランポ関連, パーツ&グッズ | コメントを残す

補助ミラー装着


<代車で乗っていたDXです>
廉価グレードであるDXの標準サイドミラーはサイドアンダーミラーと一体型のタイプです。
車体から更に前方へ突出していますが、左側方~後方の視界確保がしやすいです。
個人的にはそのデザイン感も気に入っているのですが、残念なことに手動式。
ヒーターもついていないので実用面ではちょっとイマイチかなーって思って自分の車輌にはオプション設定されている可倒式電動ドアミラー(ヒーター付き)を装着しました。

しかし・・・実際に乗ってみると中途半端です。
デザイン的にはそれっぽいのですが、左ミラーへの視線がほぼ真横を向くためにミラーはかなり角度がついてしまいます。
後方視界を確保できるように調整すると左スライドドア~Dピラー辺りがよく見えない。

死角的な位置で並走してくる車や、ヒューってすり抜けてくるオートバイ等に気づけない事も結構あるので、その都度目視する必要があって結構煩わしい。

ドアミラーを付けたまま、DXミラーも付けると良く見えるらしいということだったのでガッツミラー外してダブル装着してみようかなーって思っていた矢先に・・・
レジアスエース(ハイエース)乗りとして日々チェックを欠かさない48rider様のブログに補助ミラーの話がポストされていました。(相変わらずものすごい完成度の記事です。スゴい!)


記事の中で「良い」とされていた左側ダッシュボードの補助ミラーをソッコーで真似してみました。
効果は覿面で、ドアミアーで捉えられない側方外側がしっかりと映っています。
レジアスエース(ハイエース)の場合ガラス面が広いのでちょっと振り向けば良いのですが、視線の移動だけでカバーできるのはとても便利です。
見た目も大げさで無くてスマートで機能的。

さすがだよなー・・・

補助ミラー、めっちゃイケてます!!

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ パーツ&グッズ | コメントを残す

スピーカー交換

image
オヤカタのスピーカーを交換したら、ちょっと「オッ!」っと思ったので実施。
ドアパネルのネジを3本外してアームレストを外してパワーウインドのコネクタを外します。
あとは「バキッ!」とパネルを引っぺがす。
内張りを固定しているピンは折れる事が前提になっているので、折れたところは新しいモノに交換します。

image
純正スピーカーはリベット留めされているので頭をドリルで落としてから抜き取ります。
頭を落としてから細いバイスでスバッと貫通させてしまった方が簡単かと思われます。

image
<気のせいアイテム①>
反射音の軽減を狙ってスピーカー裏に貼付。意味あんのかねwww
レジアスエース(ハイエース)は音漏れがハンパないです。
車内でちょっと聞こえにくいかなーぐらいの音量のまま車外に出てみると普通に聞こえる(笑)
オペラとかクラシック聞いているときは「まー良いか・・・」と自己完結しているのですが、軍歌とかイニシャルDサウンドトラック的な場合はDQN化してしまうので気になる。

image
<アルパイン社製 KTX-Y176B>
ドアパネルの立体形成に合わせて作られたインナーバッフルボードを装着。
結構良いお値段がするので抵抗感あったのですが、DIYの妥当性は無さそうな形状の製品だったので結果オーライですかね。

image
タッピングで留めて、とりあえず純正の配線で接続して終了

さて、少し鳴らしてみました・・・

純正スピーカーのほうが全然良いな!!(笑)
やっぱり純正スピーカーの印象悪くなかったのは気のせいじゃ無かった。
(なかなかのバランスだった)

うすうすそんな予感もしていたのですがいまいちな方向に的中・・・
中途半端感満点のサウンドです。

戻してしまう可能性大(そして、これらは廃棄的な・・・)

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ オーディオ, パーツ&グッズ | コメントを残す

天井をヤッタ!! その2

アルミシート貼付はおまけで、本来の作業に入ります。
image
お店のスペースを圧迫する迷惑なパッケージ。

image
<スタイロフォームIB>
天井の断熱用スタイロフォーム
どのくらいの厚みにするか悩みましたが、数カ所クリアランスを測ってみて無難そうな20mmを選択。

31KwaVsj59L
<ブランド好きなので白光>
アフィリエイトサイト化していますが、これは必需品です。
有ると無しでは全く作業性が違う。
ケチって「カッターで・・・」とか「ノコで・・・・」は絶対に止めた方がよい。

image
ある程度寸法を計測して、「切り出し→はめ込み」をしていきます。
隙間は現物合わせではめ込んでみました。
ここでも上記のカッターは非常に便利。
普通にやったら粉だらけになって大変すぎでしょう。

image
エアコンユニットを外して綺麗に収めている方もいらっしゃいましたが、面倒なので「適度にカットして→押し込む」を繰り返しました。
まーこれも拘ったところで「効果」として大きな差にはならないはず。
<追記>
と思ったのですが、上下の画像を含めて僅かでも隙間があるだけで効果が劇的に低減してしまうようです。
隙間なくぴっちり収めるのは基本中の基本で、つなぎ目もアルミテープ等でしっかりと封鎖する必要がある模様。
「こんなのは詰めてないのとおんなじだよ〜〜」って事です。
ダメらしい。

image
予想外だったのはスタイロフォーム自体が思いの外しっかりしていたこと。
多少大きかったり厚みがあったりしても「潰れてくれるでしょ」と思っていましたが全然(笑)
フロント部分をキチキチに詰めたら天井が付かないwwww
なのでリヤは少し小ぶりで、端部まで攻め込まない感じで設置しました。
こちらもアルミシート同様、効果のほどは定かではありませんが、「有る」と「無い」ではきっと違うはず。
まー夏っていうか冬ですかねー?
効果が体感できそうなのは・・・

<おまけ>
MonotaROで5枚セットのヤツを買ったのですが、かなり無駄遣いしても3枚使えなかった(笑)
後は邪魔なんですけど・・・ゴミ?
サイドパネル等に詰めても良いのですが意味あるかなー

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ メインテナンス, パーツ&グッズ | コメントを残す