DX・ディーゼルターボ・4WD その3

image
<これは1TRです。←メーター単体での動作確認画像www>
低中速では大トルクで骨太な1KD-FTV。
過給がかかるとググッと伸びます。街乗りではかなり便利。

一方、高速走行に関しては・・・
思った以上にパッとしない。
ターボエンジンらしい加速を見せるのはほんの僅かで、その後はダラーっと回ります。(というか回らない感じか)
ちょっと「あれ?」っていうぐらいの拍子抜け感(らしい)
そして160でリミッターが厳かに当る(らしい)
130〜140ぐらいからリミッターがあたるまでのモジモジ感は低速域のパワフル感が嘘のような頼り無い(らしい)

エンジン自体というよりは、ブースト圧を落としているような感じ?コモンレールの燃圧を落としている感じかな?
F-CON idのポン付けで124ps→185psになるところから考えても補機類のセッティングでこうしているのでしょう。

まーその辺を差し引いても高速・高回転域はやっぱりガソリンエンジンのフィールが良さそう。
「踏んでる感」が違う(笑)
ちょっとディーゼルターボも良いかな?と思ったりもしましたが、ペタッと踏みしめてみたらそうでもありませんでしたwww

私的にはディーゼル終了風

<おまけ>
4WDにするなら、その価格差で機械式LSD
そしてディーゼルにするのであれば、その価格差でスーパーチャージャーを組みたい。
(インタークーラー無しで+30馬力ぐらいの控えめ仕様が面白そう)
今は補機類を換装しても車検はオッケー(構造変更さえも不要)だし、セッティングも簡単。
若かりし頃に、いわゆる「タービン交換仕様」には散々乗って来ているので抵抗感は0。
(むしろやってみたいwww)
いままでダークホース的存在だった、「全く同じ仕様でⅣ型→Ⅳ型後期への乗り換え」説が躍り出て来た感じですwww

This entry was posted in DXな日々, 車両購入まで. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA