ハイエースのグレードについて

hiacevan
ご好意で下記車種のテストドライブをさせてもらいました。
試乗+αな感じで、都市高速道路を含む市街地走行で実際の使用形態に即した形で乗らせて頂きました。
自身のお復習いとして、車種とグレードの確認をしておきたいと思います。
候補として考えているグレードは下記の6種類になります。
=================================
<バン ワイドボディ スーパーGL>
2WD・3000cc ディーゼル 4AT
2WD・2700cc ガソリン 6AT

<バン 標準ボディ スーパーGL>
2WD・3000cc ディーゼル
 4AT
2WD・2000cc ガソリン
 6AT

<バン 標準ボディ DX>
2WD・3000cc ディーゼル
 5MT
2WD・2000cc ガソリン 5MT
=================================
まずはボディタイプ
ワイドボディは標準ボディとくらべ大型化が計られています。
全長:4,695mm 4,840mm (+145mm)
全幅:1,695mm 1,880mm (+185mm)
全高:1,980mm 2,105mm (+125mm)
数字的には全幅が大きく拡大していますが、別段大きいわけではない。(小さくはないですけど)
箱形をしているためか、標準ボディとは明らかに違う押し出し感があります。
グリルやボンネットのデザインも含めてカッコイイです。
「ボディはワイドが良いですね!!」
と、即断したのですが・・・・
なぜかセールスの方は乗り気ではない。
都心で使う場合、全高の2105mmがネックとなるらしく実用性という部分では問題なるようで、
ゲート付きのコインパーキング等でも2100mmまでとダメなところが多く、難渋するそうです。
「5mmぐらいはオッケーなのでは?」と尋ねると、
そうでも無いようで、入庫している修理車を見せてくれました。
リヤゲートの上部に何かがめり込んだように凹んでいたり、ルーフが削れてしまっていました。
全高の高い車には乗ったことが無いので気にもしていなかっただけに予想外。

次にエンジン
3000ccディーゼル(144ps)
2700ccガソリン(160ps)
2000ccガソリン(136ps)
の3種類
「ディーゼルはパワフルで、ガソリンはおとなしめです。」という説明を受けました。
ネットでもディーゼルが良い的な話が彼方此方に書いてあります。
踏むとグッと前に出る感じでトルクフルなのですが、
ディーゼルは五月蠅いですね!!高速乗ったら話もしにくいし、オーディオも聞こえにくい。
1KDがちょっと古いというのもあるでしょうけど、トヨタはディーゼルダメなんですよね。昔からダイハツ任せ的なイメージが強い。
ガソリン車が多段AT化されている事もあって市街地走行においてはそこまでディーゼルが良い気がしてこない。
ディーゼルの後にガソリンに乗ると静粛性に差があるのがよくわかります。(音の質の違いかもしれません。)
ガソリンエンジンが高回転で回ってもあまり気になりませんでした。
2700ccのガソリンが良い気がしました。(2000ccもそれなりかなという印象でした。)

そして、S-GLとDX
ちゃんと内装が付いていたりオプティトロンメータやオートエアコン等、乗用車的なS-GLに対して、鉄板剥き出しでいかにもなシート等、選択できないオプションもあってビジネスカー丸出しなDX。
乗用的に使うのだからS-GLかなと思ったのですが、DXは5MTの設定があります。ATに比べ、ダイレクトな感じでしっかり踏めるのでメリハリが出て乗りやすい。楽しいです。
それとボディカラーのライトイエロー。これはDXにしか設定が無い。
一目惚れです。ダサくてカッコイイ。黒バンパーもイケてます。
(一般に人気は全く無いそうです)
断熱材や遮音材が一切入っていないので、熱い・寒い・うるさいと良いところが無いそうで、自家用にはオススメできないという事でした(笑)

まとめてみると
①エンジンは2700ccのガソリンが気に入ったけどワイドボディしか設定がない
②ワイドボディは格好いいけど、都心では全高が問題となり使いにくい
③標準ボディはうるさい3000ccディーゼルかフェアパワーの2000ccの2択
④ダイレクト感のあるMTはオンボロなDXしか設定が無い(ライトイエローも)

ワイドボディの2WDで2700ccガソリン・5MTのライトイエローのS-GL

全然設定の無い組み合わせでした(笑)

絶妙な選びにくさです。
どうすれば良いのでしょうかね?

<続く>

—-おまけ1———————————————
リストには含めませんでしたが、
トヨタサイトを参照すると<標準ボディ4WD・3000cc ディーゼル 4AT>が最も高額となっており、価格面から最上位グレードという見方が出来ます。
まず最初に乗らせてもらったのですが、典型的なビスカスカップリングセンターデフな4WDで操舵感も2WDと異なります。
10年くらい降雪地域で暮らしていましたので4WDの優位性は周知していますが、都市部で性能を発揮できるようなシチュエーションはなかなか無いかと思われます。(雪が降ったら乗らないって事ですね)
フロントサスペンションの動きやステアリングフィールはFRの2WDモデルの方が良いなという印象を受けました。
マルチパーパスという意味では4WDであるべきですが・・・

—-おまけ2———————————————
乗用登録となる
<ワゴン ワイドボディ GL>
2WD・3000cc ディーゼル
2WD・2700cc ガソリン
も、個人的背景から鑑みると車両の維持費が安くなるため、
一考の余地があります。
しかし、固定されているシートを撤去して使用する事になり法規的な問題から候補から外しました。
<2016.06.01にワゴングレードにVSCとTRCが標準装備されましたので、2016年10月1日に施行された「定員10名以下の乗用車への横滑り防止装置装着義務化」問題はクリア出来る事になりました。しかしシート強度等問題から純正シートを外して定員変更することは難しいようです。>

This entry was posted in 車両購入まで. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA